東京都内でも資産価値が高い都心6区に限定した「都心マンション」情報サイト。港区、千代田区、中央区、渋谷区、新宿区、文京区のマンション購入情報を配信中!

*

【グランドメゾン四谷(旧:新宿区荒木町計画】防衛庁近く。市ヶ谷、四ツ谷も徒歩圏内の積水ハウスマンション

      2020/12/15

    このエントリーをはてなブックマークに追加

積水ハウスが「グランドメゾン四谷」を発表!グルメの街 ”荒木町” の13階建、総36邸

グランドメゾンのブランドで展開する積水ハウス新宿区荒木町にマンションを建てます。

マンション名は「グランドメゾン四谷」です。
>>グランドメゾン四谷の詳細はこちら

場所は、新宿通りの「津之守坂入口」の交差点から防衛庁方面に伸びる道路を北に直進する途中にあります。「津之守坂入口」の交差点沿いには三菱東京UFJ銀行・四谷支店がありますのでそこを目印に北に直進すると分かりやすいかと思います。

積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_1

物件概要

件名 「グランドメゾン四谷」(旧:新宿区荒木町計画)
地名地番 東京都新宿区荒木町13-22
交通 JR中央線・総武線「四ツ谷」駅より徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩7分
都営新宿線「曙橋」駅より徒歩4分
規模・構造 鉄筋コンクリート造 地上13階建、地下1階
間取り 1LDK・3LDK
延床面積 2808.68平米
建築面積 262.21平米
敷地面積 586.49平米
建築主 積水ハウス株式会社東京マンション事業部
設計者 株式会社INA新建築研究所
施工者 若葉建設株式会社
着工 2014/6/10
完成 2016/3/31
総戸数 36戸

物件概要を見ると地上13階建てで敷地面積は586平米とかなり狭いのでペンシル型マンションになりそうです。

売主は積水ハウス、施工は若葉建設です。若葉建設は東京都目黒区に本社を置くゼネコンで1890年設立、100年以上の歴史がある会社です。東証一部に上場しており売上728億円(H27年3月期)、従業員667人。直近1年の株価は以下のような推移です。

chart.yahoo.co

さて話を戻して、新宿区荒木町計画の住所(地名地番)は東京都新宿区荒木町13-22です。

最寄駅は曙橋で徒歩4分。また四谷三丁目駅が徒歩7分、そして四ツ谷駅も徒歩10分なので、それら3駅を使うとJR総武線・中央線、そして東京メトロの南北線、丸の内線、更には都営新宿線が利用可能です。交通利便性は良いエリアかと思います。

新宿区荒木町計画_住所・地図

「新宿区荒木町計画」の現地の雰囲気・周辺環境、工事進捗状況は?

新宿区荒木町計画の建設状況ですがこのような感じです。
積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_3

積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_2

また周辺の雰囲気ですが現地は2面道路となっているようで、幅が広いメイン道路とは別にこのような細い道とも接しています(下の写真参照)
積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_4

そしてメイン道路がこちら(下の写真)。「津之守坂入口」の交差点から防衛庁方面に向かう途中の道ですがこの道をまっすぐ向かうと防衛庁方面です。このメイン通りは坂になっていますが、ちょうど新宿区荒木町計画の現地ぐらいから下り坂となっています。なので新宿通り方面で行き来する分には坂の影響を受けないですみそうです。
積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_5

上の写真の道をまっすぐ降りるとこちらに到着。中央大学が見えますがこの裏手が防衛庁です。ここを右にまっすぐ向かうと市ヶ谷方面です。市ヶ谷も歩いていける距離かと思います。
積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_9

そして逆に防衛庁側(中央大学側)から現地を見た写真がこちら(下の写真)。見ての通りこちらから現地に向かう場合は上り坂となっています。実際の上ってみると結構な傾斜という印象です。

積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_8

更に坂を上ってみましょう。右手に工事中の現地が見えます。
積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_7

この通り沿いは目立った飲食店もなく、また交通量もそれほどないので比較的静かな住環境なのではないでしょうか。

荒木町エリアのお買い物事情・飲食店・カフェなどは?

荒木町に住んだ場合のお買い物施設としては、四谷三丁目駅の丸正、ダイコク、まいばすけっと、あとは四谷駅直結のアトレ内にある成城石井などでしょうか。麹町方面まで足を伸ばせば肉のハナマサも利用できます。

まいばすけっとは三栄町と、四谷二丁目の両方にありますが、四谷二丁目のまいばすけっとの隣りには100均もあります。

またカフェはスターバックが津之守坂入口の交差点近くにあるのと、四谷アトレ内にもあります。また飲食店・居酒屋については言わずもがなですが荒木町の充実っぷりはスゴイですね。

そもそも荒木町ってどんな街?

荒木町は、東西伸びる津の守坂通りという名前にも残っていることからも分かりますが、元々は松平摂津守の屋敷がありました。松平摂津守の屋敷には見事な庭園がありましたが、明治期に入ると歌舞伎小屋や壮士劇の芝居小屋も建てらようになり、そして大正から昭和にかけては花街として栄えました。

積水ハウス_グランドメゾン_新宿区荒木町計画_6

荒木町を歩くと、狭い路地沿いに所狭しと小料理屋やバー、料亭などのお店が並んでおり、また石畳を見かけることもでき昔の花街時代の面影が残っています。六本木や赤坂で飲んだ後にわざわざタクシーを飛ばして荒木町で飲む人もいるようですが、それぐらいこの街ならではの雰囲気と文化が息づいている場所だといえると思います。

今回紹介した積水ハウスの「グランドメゾン四谷」については完成が2016年3月上旬、入居開始が2016年8月上旬です。また販売開始は2016年4月中旬というのが現時点の最新情報なので竣工後販売であることが分かります。ということで実際に完成したマンションを見て検討することが出来るのでその点は良いですね。総戸数も36戸と少ないですが、小規模マンションではモデルルームの建設コストもばかになりませんから竣工後販売は最近多いですね。

ちなみに周辺エリアでの最近の分譲済みマンションとしては「グランスイート四谷二丁目レジデンス」「プレミスト四谷」「グランスイート四谷プレシア」「ジオ四谷坂町」などでしょうか。

そして今回紹介したグランドメゾン四谷から歩いて数分のところでこれから販売される予定なのが阪急不動産の2物件です。1つは同じ荒木町。そしてもう1つは三栄町です。

阪急不動産のこの2つのマンションは道路を挟んではす向かいという近さです。阪急不動産は入居開始の半年前に完売して人気だったジオ御苑内藤町をはじめ都心エリアでの販売を加速させています。阪急不動産の荒木町のマンションは元々浅沼組の東京本社があった場所ですが、淺沼組から用地を仕入れ、施行に淺沼組を起用しています。坪単価もそれなりになると予想されますがこのあたりは交通利便性も良く資産価値としてみても手堅いエリアではあるので今後販売予定のこれらのマンションもどのようになるのか楽しみですね。

グランドメゾン四谷ついては資料請求も受付開始したようですので気になる人はパンフレットを取り寄せて検討してみて下さい。
>>グランドメゾン四谷の詳細の資料請求こちら

 - グランドメゾン四谷(旧:新宿区荒木町計画(積水ハウス))

  同じマンションの別記事を読む

関連記事はありませんでした

  いつも「いいね!」「ツイート」ありがとうございます!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

  【無料メルマガ】 都心マンションの「レア情報」を配信中!

都心マンション倶楽部のメルマガ登録はこちら
メールアドレス*
現在の居住エリア*
情報が欲しいエリア*  
希望面積*