東京都内でも資産価値が高い都心6区に限定した「都心マンション」情報サイト。港区、千代田区、中央区、渋谷区、新宿区、文京区のマンション購入情報を配信中!

*

【アトラス市ヶ谷】靖国通り沿い、防衛省の正面。市ヶ谷・四ツ谷が日常になる都心マンション。

   

>>外出の多いビジネスマンに最適。打ち合わせの合間に使える豪華ラウンジ、電源、wi-fi、珈琲等のフリードリンク完備
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「アトラス市ヶ谷」目の前には防衛省。国の中枢を担ってきた歴史ある新宿区市谷本村町のマンション

市ヶ谷エリアは「外堀」を境に千代田区と新宿区に分かれますが、今回紹介する「アトラス市ヶ谷」は新宿区のマンションになります。現地からは皇居も近く、位置関係としては山手線のちょうど真ん中あたりになる非常にアクセスの良いエリアです。

売主は旭化成で施工が福田組です。旭化成はアトラス恵比寿の分譲も予定していますが良い場所で仕入れてますね。

夕暮れの外堀。
アトラス市ヶ谷_旭化成_写真画像イメージ_2_外堀

交通アクセスについては市ヶ谷駅と四ツ谷駅が利用できる2駅6路線のマンションとなっています。住所は東京都新宿区市谷本村町28-4(地番)。「新宿区市谷本村町」はその土地のほとんどを防衛相などの公的機関が占めています。

江戸時代には尾張徳川家が上屋敷を構え、明治以降、士官学校や自衛隊駐屯地を経て、現在は防衛省本省という歴史を辿っています。そういう意味では国家の中枢的なエリアであり由緒正しき地域といえます。

ちなみに防衛相そばのマンションとして有名なものとしては「ザ・センター東京」があります。三菱地所 野村不動産 三井不動産のJV物件で、施工は大林組、地上38階建て総戸数426戸という大規模物件です。曙橋、牛込柳町などが利用駅となりますがこのあたりのエリアではランドマーク的なマンションになっておりその希少成果ら資産価値が維持されているマンションです。場所は防衛相の西側ですがマンションの目の前には交番があり、まるでマンションの護衛のような雰囲気さえします。

同じく防衛庁周辺のマンションといっても、今回の「アトラス市ヶ谷」は主要駅である市ヶ谷駅と四ツ谷駅が利用できるので利便性としてはかなり高いといえます。物件概要を見てみましょう。

元々は「市ヶ谷ハイツ」というマンションが建っておりその建て替えプロジェクトとなっています。

アトラス市ヶ谷_旭化成_写真画像イメージ_5_建築計画

物件名 アトラス市ヶ谷
所在地 東京都新宿区市谷本村町28-4(地番)
交通 東京メトロ南北線・有楽町線「市ケ谷」駅・
都営新宿線「市ヶ谷」駅(7出口)徒歩4分
JR中央・総武線「市ケ谷」駅(JR出口)徒歩6分
JR中央線快速「四ツ谷」駅(四ッ谷口)・
東京メトロ丸ノ内線・南北線(3出口)「四ッ谷」駅 徒歩9分
総戸数 48戸(事業協力者取得住戸4戸含む)
専有面積 42.55m2~65.54m2
間取り 1LDK~3LDK
敷地面積 442.17㎡(売買対象面積)
建築面積 280.44㎡
延床面積 3363.52㎡
竣工時期 2017年9月末予定
入居時期 2017年10月予定
構造・階数 鉄筋コンクリート造・地上13階建
建築主 旭化成不動産レジデンス
設計者 【意匠・監理】株式会社エーエーアンドサン 、
【電気・設備・監理】株式会社福田組
施工会社 株式会社福田組

総戸数は48戸と小ぶりです。また専有面積は42.55m2~65.54m2、1LDK~3LDKとなっています。

マンション現地の様子は?

現地は靖国通り沿いに面しているので交通量は多いです。また3LDKの間取りもあるものの全体的にコンパクトタイプの間取り中心のようなので市ヶ谷という利便性を考えても賃貸収入による投資目的、あるいは短期売却によるキャピタルゲイン狙い層の関心も集めそうな印象です。右手の工事中のマンションがアトラス市ヶ谷。

アトラス市ヶ谷_旭化成_写真画像イメージ_6_外観2

物件の左右は別の建物が建っています。
アトラス市ヶ谷_旭化成_写真画像イメージ_4_外観

坪単価はこの立地と今の不動産相場を考えるとやはり高めの値付けになってくると思われますが、専有面積がそれほど広くない分、グロス価格としては抑えられる形になるかと思います。

最近の都心マンションの傾向

最近の都心マンションの傾向としては、そもそも用地仕入れも難しくまとまった規模の土地もないのでそもそも物件自体の「敷地面積が狭め」。当然総戸数は20~50戸ぐらいの小規模。そして、坪単価が高くなっているのでグロス価格を抑えるために「専有面積狭めのコンパクトタイプ」、しかし家族のプライベートは確保するために「間取りでは複数の部屋を用意」という感じです。

「職住近接」のトレンドもあり、「価格は高くなっているけど都心に住みたい」というニーズを形にしたのがそれです。

イメージ的には50平米2LDK、夫婦&子供1人のような感じでしょうか。都心マンションの場合は資産価値の高い物件をきちんと見極めればリセールバリューも期待できますから、住みながら資産対策も行えるというのがメリットだと思います。

さて、今回の「アトラス市ヶ谷」は販売開始予定は2015年9月予定とのことですが資料請求は受付開始しています。web上では間取りは一部しか公開されていませんが資料請求した方にはいち早く案内するようです。興味がある方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

>>アトラス市ヶ谷の資料請求はこちら

 - アトラス市ヶ谷

  同じマンションの別記事を読む

【アトラス市ヶ谷】第三期は坪単価400万円ちょい。40~60平米台でグロス価格は手を出しやすそう

「アトラス市ヶ谷」市ヶ谷駅徒歩4分、四ッ谷駅徒歩9分。坪単価はわりと現実的な印象 …

  いつも「いいね!」「ツイート」ありがとうございます!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

  モデルルーム最新情報や、不動産売却をお考えの方はこちらもどうぞ


  【無料メルマガ】 都心マンションの「レア情報」を配信中!

都心マンション倶楽部のメルマガ登録はこちら
メールアドレス*
現在の居住エリア*
情報が欲しいエリア*  
希望面積*